スマホの価値について考える

スマートフォンを購入してからというもの、電話との差異に驚くことが多いです。登場した頃は、電話の代わりとして使用されるイメージでしたが、今では小型のタブレットやパソコンに近いデバイスであると思っています。
そのせいか若者が電話やゲームのみで使用しているという話を聞くと、もったいないな、と思うことも少なくありません。
もっとも自分が若者だった場合、何に使っているかは想像もしにくいですが。とりあえずブログ、検索エンジンなどの使用は普通にしていたとは思います。あとは手頃に使用できるウィジェット、スケジュール系のアプリなどですね。
社会人となってしまった私の場合は、スマホはビジネス用として使用しています。文書作成、計算機、名刺の作成や管理用のアプリを使用することが多いですし、他にもデータをサーバーから取り出したり、保存する際に利用しています。
データの共有は本当に便利だなと思います。スマホで保存したものを、パソコンで取り出すことができますし、その逆も可能です。パソコンで保存し、スマホで取り出す。もっとも容量やソフトウェアの互換性の問題もあるので、すべてが可能というわけではありません。
そういう意味ではパソコンに近いとは思いつつも、まったく同じことが可能というわけではありませんね。